MENU

オタク女子が男の人を部屋に呼ぶときの注意点2つ

あなたはどんな趣味を持っていますか?
最近では普通の若い女の子もアニメやフィギュアなどを集めたり、いわゆる「オタク」な趣味を持っている方も多いですよね。
でも、そんなオタク女子が好きな男の人を部屋に呼ぶときはちょっと注意しておきたいポイントがあります。
自分では見慣れているものでも、ちょっとした物で男心は離れてしまうものです。

 

「BL・アダルトものは隠す」

BL系の漫画やゲームを持っていますか?
そういったものを知らなくても、表紙を見たら結構気づいてしまうもの。
BLは女子のあいだでは人気ですが、男の人にとってはまったく分からない別世界でもあります。
そんなまるで理解できない物がたくさんあると、それを持っているあなたまで理解できないと不安になってしまうもの。
また、男性向けのアダルトな漫画やアニメが好きな女の子もたくさんいますが、これも最初は隠しておいた方が無難です。

 

「フィギュアは最低5つまで」

お部屋のなかにフィギュアはいくつありますか?
小さいものだと知らないあいだに溜まってしまって、何体も集めてしまうものですよね。
1体2体なら「好きなんだな」程度ですが、ガラスケースに本格的に並んでいると、アニメに興味ない男の人なら引いてしまう可能性は捨てきれません。
もしも何体もあるのなら、彼が来る前には布をかぶせるなど工夫したほうがおススメです。

 

「おわりに」

女の子の部屋に男の人が上がるということは、少しでも「ちょっといいな」と思っているもの。
自分が好きなものは男の人も必ず好きになるというわけではありません。
ちょっとした物だけで気持ちが離れてしまうのは損ですよね。
どんなものでも、自分のことを分かってもらうには時間がかかります。
少しずつ自分を見せていって、同時に相手のことも知ることができるといいですね。